視力が落ちためがねをかけよう!めがねの魅力を伝えるまとめブログ

2020年07月21日

眼病を予防するにはめがねのレンズにお金をかける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代以上の日本人の20人に1人の割合で眼病にかかっているといいます。その主な原因が、太陽の紫外線によるものであるということは意外と知られていません。しかし、毎日サングラスを掛けているわけにも行かず、しかも、仕事をしている時にサングラスをしていては周囲から白い目で見られてしまいます。そういった人の為に、眼病を予防できるめがねのレンズが販売されています。通常の眼鏡に加工がされていて、太陽の特殊な光をメガネでカットすることができる仕組みです。

続きを読む

2020年06月28日

フレーム、レンズともに選ぶことができる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

めがねというのは、視力矯正を目的としているため、好みのフレームを選んだら、次はレンズを選ぶ必要があります。実のところ、このレンズの選択肢はとても多く、その内容はピンからキリまであります。安いレンズの場合、あまり加工がなされていないので、レンズの厚みが出てしまいます。レンズの度数が高い人の場合、それに比例してレンズの厚みが増してきてしまうため、安いレンズを選んでしまうと、厚みのあるメガネに仕上がります。

続きを読む

2020年05月17日

軽量で体に負担の少ないめがねを購入しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近視や乱視、遠視などの屈折異常がある人は、視力を矯正するためにめがねは欠かせません。一日中装着をしている人は、なるべく体に負担の少ない商品を選ぶことが大事です。専門店に足を運ぶと、豊富なデザインや素材が揃っています。ガラス製の商品は耐久性に優れていますが、やや重さがあるのが欠点です。なるべく軽量な商品を選びたい場合は、プラスチック素材がお勧めです。プラスチック素材は軽いので、体に負担が少なく割れにくいなどのメリットがあります。

続きを読む

2020年04月25日

薬剤師はMRとしても働くことが可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今実際に、薬剤師として働いてきたものの、医薬情報担当者、いわゆるMRとして改めて働きたいのであれば、そのチャンスはたくさんあるので見逃さないようにしておきたいところです。基本的に医薬情報担当者と薬剤師の違いといえば、なんといっても営業能力を試されるところだと言えるでしょう。特定の企業でMRとして働く場合は、薬剤師としての知識やスキル、そして経験を求められるのは当然ですが、そこに加えて、新規の顧客開拓等を実践する必要が出てきます。

続きを読む

2020年03月27日

付けやすい軽量のめがねを選ぶポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

めがねは重くなれば下にズレてピントが合いにくくなり、軽量のタイプにすると気にせずに使いやすくうまく視力矯正をすると効果的です。目は瞬時に判断するために重要な部分になるため、視力が悪くなれば矯正をきちんとしないと負担がかかり見えづらくなります。視力は生活習慣などでいつの間にか低下することもあり、異常があれば眼科で検査を受けてから医師の指示にしたがってケアをすることが大事です。軽量のめがねはフレームがおしゃれでファッションとしても使えますが、頭のサイズに合わせてズレないように調整してもらう必要があります。

続きを読む